クレジットカード現金化とは?審査なく現金を手に入れられる?

7 min

クレジットカード現金化業者という言葉を聞いたことがありますか?

クレジットカード現金化と聞くと、怪しいというイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、実際は多くの人が利用したことのあるサービスの1つです。

とはいえ、使用したことのない人からすれば不安ものです。

そこでこの記事では、クレジットカード現金化を初めて聞いた人に向けて、意味から利用する状況などを紹介します。

初めてクレジットカード現金化業者を聞いた人、利用するか検討しようか迷っているぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

クレジットカード現金化とは借入をせずに現金を入手できる手段

クレジットカード現金化とは借入をせずに現金を入手できる手段

クレジットカード現金化という言葉を聞いたことがある方は多いものの、意味は知らない方も居るのではないでしょうか?

クレジットカード現金化とは、簡単にいうとカードのショッピング枠を現金化したものです。

日常生活では急な出費が発生するのは当然のようにあります。とはいえ、お金を借りれない状況や給料日前では厳しいことがあるでしょう。

そのような場合に、役立つのがクレジットカード現金化です。

クレジットカードには「キャッシング枠」と呼ばれる現金を借りれる項目がありますが、キャッシングをすると信用情報に傷がつくという噂もあります。(実際、クレジットカードのキャッシング枠を使用したとしても、返済をすれば傷がつくことはありません。)

そのように信用情報の傷を心配して、クレジットカード現金化を利用する方も一定数います。

とはいえ、実はクレジットカード現金化についてカード会社は認めておりません。

クレジットカード現金化はバレればカードの利用停止の可能性もあります。

クレジットカードを現金化する方法は個人と業者を利用する2つにわけられる

クレジットカードを現金化する方法は個人と業者を利用する2つにわけられる

クレジットカードを現金化する方法は、次の2つが挙げられます。

・個人で行う方法
・業者を利用して行う方法

それぞれ特徴があり、人によって適している方法が異なります。

ここでそれぞれの特徴を抑えておきましょう。

個人で行う方法

1つ目の個人で行う方法とは、クレジットカードを使用して自分で買い物をし、自分で質屋に足を運んで売却して現金を得ることです。

近年、クレジットカード現金化業者は増えており、そちらは手間がかからないものです。

とはいえ、業者によって換金率は異なり、手数料が発生したりするため、実際手元に来るお金は思ったよりも少ないものになります。

そんなときに個人で現金化を行うことで、よりバレずに、かつ手数料なしで現金化が可能です。

しかし個人で行う注意点として、換金率が高い商品を選ばなければ損してしまいます。

個人は業者に頼むよりもリスクが低く詐欺に合わないものの、商品選定がしっかりとできる人でないと厳しいのが特徴です。

業者を利用して行う方法

2つ目が業者を利用して行う方法です。

先ほども申したようにクレジットカード現金化業者は増えており、電話一本で簡単に現金化が可能です。

手数料や換金率は業者によって異なるものの、個人で行うように換金率の高い商品を選択したり、買取をしてもらう必要はありません。

初回こそ本人確認により時間はかかるものの、2回目以降の利用では振り込みまでに数分である業者が多く、大変便利です。

自分ではクレジットカード現金化のやり方が分からない、換金率の高い商品を選ぶのが難しいという人にとって、クレジットカード現金化業者はとても頼りになるでしょう。

クレジットカード現金化を行う理由や状況とは?

クレジットカード現金化を行う理由や状況とは?

先述したとおり、クレジットカード現金化はカード会社に認められていないものであり、バレればカード停止の可能性があります。

そのリスクを背負ってまで、クレジットカード現金化を行うのはなぜ?と思う方もいるでしょう。

人によって理由は異なるものの、代表的な理由としては次の3つです。

・キャッシング枠を使い切ったため
・新たにお金を借りて借入記録に残るのを防ぐため
・仮いでは審査が必要ですぐにを借りれないため

ここでは、それぞれの項目を詳しくみていきましょう。

キャッシング枠を使い切ったため

1つ目がキャッシング枠を使い切ったためです。

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つがあります。

キャッシング枠はカードをコンビニや銀行にあるATMに差すことで簡単にお金を下ろせるのですが、ショッピング枠に比べて枠は少なめです。

そしてキャッシング枠を上げる際には審査があり、そちらに通らなければ上限額は上がりません。

そのような状況で最適なのが、クレジットカード現金化なのです。

新たにお金を借りて借入記録に残すのを防ぐため

2つ目が新たにお金を借りて借入記録に残すのを防ぐためです。

銀行、またはキャッシングやカードローンを利用すると借入記録に記録が残ります。

それらは本来、きちんと返済していれば信用情報に傷が残らないのですが、借りたという情報自体、残したくがないために現金化を利用する人が多くいます。

そこで情報を残さずにお金を入れられる手段、というのが現金化になるのです。

借入では審査が必要ですぐに現金を手に入れられないため

3つ目が借入では審査が必要ですぐに現金を手に入れられないためです。

銀行・消費者金融のショッピング枠を上げたり、カードローンの利用をしたりする際は審査をする必要があります。

借り入れする場所によっても異なりますが、場所によっては審査が厳しかったり、時間がかかったりすることがあります。

銀行系ならば最長で1週間から10日、消費者金融でも場合によっては翌日になることがあります。

さらに時間がかかるだけではなく、過去に他社で借入をして返済をせずに踏み倒しをしていたり、すでにカードの支払いが滞ったりしていた場合は、審査に通るまでに時間がかかってしまいます。

しかしクレジットカード現金化ならば審査をすることなく、1時間以内には振り込まれることがほとんどです。

クレジットカード現金化は審査無しですぐにお金を手に入れられる手段として最適なのです。

実際にクレジットカード現金化業者を利用した人たちの声を紹介

実際にクレジットカード現金化業者を利用した人たちの声を紹介

ここでは実際にクレジットカード現金化業者を利用した人たちの声をみてみましょう。

良い口コミと悪い口コミの2つに分けて紹介します。

良い口コミ

初めて現金化を行いました。換金率はしっかりとしており、振り込みもかなり対応が早かったです。とても親切な対応でまた機会があったら利用したいです。

こんなに簡単に早くお金に変えられることにびっくりしました。しかも金利が低く返済もクレジット会社へと安心。これはとても便利ですね。

ブラック状態であったものの、現金化により現金化を調達できました。必要書類は免許証のみととても楽で、審査もないのですぐに手続きして即入金されました。

クレジットカード現金化は、やはり銀行や消費者ローンよりもお金を早く手に入れられるのが魅力的です。

ブラック状態の人でも問題なく現金化できたとのことで、今すぐ現金が必要な人にとってとても魅力的でしょう。

業者によって対応の良さは異なるものの、現金化までのスムーズさから次の利用を検討している人も多く見られました。

悪い口コミ

こちらの業者では現金化できませんでした。自分のカードには対応していないようです。

手続きが色々面倒でした。すぐに終わると思っていたのに1時間もかかりました。

他の支払いで困ってカード現金化を検討し、相談しました。しばらく時間が経つと別の怖い人が出てきました。悪徳な業者もやはりいるようです。

クレジットカード現金化はすべての業者が良い業者ではありません。

なかにはカードの情報を抜き取る業者、換金率が異常に高い業者などもいます。

また、業者によっては対応していないカードもあるため注意が必要です。

クレジットカード現金化の際の手数料や換金率はどのくらい?

クレジットカード現金化の際の手数料や換金率はどのくらい?

クレジットカード現金化は、ショッピング枠すべてが換金されるわけではありません。

例えば10万円の現金化を申し込む場合、80%の換金率であれば80,000円となります。

さらに業者であれば手数料などが発生するため、より少ない金額となります。

クレジットカード現金化の手数料や換金率は業者や換金する商品によって異なるものの、大まかな目安をみてみましょう。

個人でクレジットカード現金化を行った場合の手数料と換金率

個人で現金化を行う際は、次の方法で行います。

1.クレジットカードで換金率が高いものを購入する
2.商品を質屋などで売る
3.現金が手に入る

個人で現金化を行う場合は、選ぶ商品によって換金率が異なります。

例えば換金率が高い新幹線の回数券では、90%前後で換金が可能です。

新幹線の回数券は2022年3月には順次廃止されることが決まっています。

しかし、換金率が低いものは60%前後になることもあるため、選定が重要になってきます。

また、個人で行った場合、手数料は発生しません。

個人でクレジットカード現金化を行うメリットとしては、業者のように手数料がかからない、悪質な業者に引っかからないことが挙げられます。

換金率の高い商品を選定できる人は個人で行うのがおすすめです。

業者を利用してクレジットカード現金化を行った場合の手数料と換金率

業者を利用してクレジットカード現金化を行う場合は次の手順です。

1.業者に電話
2.本人確認を行う
3.業者の指示に従う

業者を利用してクレジットカード現金化を行う方法も、業者によって換金率が異なります。

換金率が高い業者ならば90%になることもありますが、大体は初回キャンペーンにより高い換金率となっています。

現金化業者を利用した口コミによると、多くの業者の実際の換金率は70%前後であるという方が多かったです。

多くの現金化業者は換金率を公開しているものの、細かいことは電話をしないとわかりません。

換金率の他に手数料が発生するため、さらにお金は少なくなります。

とはいえ、初めて利用する場合ならば換金率は高く、自分で現金化を行うよりもとてもスムーズです。

自分では換金率の高い商品を選定できない、できるだけ早く現金化したい人には業者を利用するのがおすすめです。

手数料が発生したり換金率に違いがあるものの利用者が多い理由とは?

手数料が発生したり換金率に違いがあるものの利用者が多い理由とは?

先程も述べたように、業者を利用して現金化をする方法は手数料が発生したり、換金率に違いがあったりします。

利用していない人からすれば、損と思うのも当然です。

しかし、それでも現金化を行うのには、銀行や消費者金融からお金を借りるには審査が必要だからです。

カードローンなどは審査落ちすれば信用情報に申込み履歴が残りますが、それを複数社で行っていると悪い印象を抱かれる原因となります。

そこでクレジットカード現金化業者を利用することにより、審査はしないため信用情報に傷をつけずに現金を手に入れられます。

業者によってはお店まで足を運ぶ必要がなく、オンラインで完結できるのも魅力的なポイントの1つです。

クレジットカード現金化をするうえでの注意点

クレジットカード現金化をするうえでの注意点

クレジットカード現金化をするうえでの注意点は次の3つです。

・カードの上限額がないと現金化ができない
・カード支払いのものが支払えなくなる可能性がある
・計画的な利用をしないとカード会社への返済ができない

業者、業者のクレジットカード現金化に関わらず、いずれも注意したいことです。

それでは実際に、それぞれの注意点についてみていきましょう。

カードの枠がないと現金化ができない

1つ目がカードの枠がないと現金化ができないことです。

クレジットカード現金化は、あくまでショッピング枠を現金化したものです。

そのため、ショッピング枠がなければ利用はできません。

カードの枠がいっぱいの場合は、上限額を上げるか振り込みで返済をしましょう。

なお、上限額を上げるには審査が必要となります。

カード支払いのものが支払えなくなる可能性がある

2つ目がカードの支払いのものが支払えなくなる可能性があることです。

カードのショッピング枠をすべて現金化した場合、カードで支払い設定しているものが支払えなくなる可能性があります。

クレジットカードで家賃支払いや、公共料金の支払をしている方は要注意です。

特に家賃と税金は1ヶ月の滞納するとトラブルになったり、督促状が送られたりするため払えるようにしておきましょう。

計画的な利用をしないとカード会社への返済が難しくなる

3つ目が計画的な利用をしないとカード会社への返済が難しくなります。

クレジットカード現金化は現金を借りているわけではないものの、カード会社には支払いをする必要があります。

そのため、カードの支払日までには口座にお金を用意しておかなければなりません。

業者自体は簡単に利用できるものの、現金化する際は計画的に利用する必要があります。

業者にも悪徳な業者などがいるため、しっかりと見極めて依頼する必要があります。

クレジットカード現金化はいざというときにすぐに現金を手に入れられる!

クレジットカード現金化はいざというときにすぐに現金を手に入れられる!

この記事ではクレジットカード現金化の意味や、行う状況などについて紹介しました。

クレジットカード現金化はとても手軽に利用でき借金ではないものの、使ったショッピング枠は翌月カード会社へ支払わなければなりません。

しかし、その際に計画的な利用でなければ返済が難しくなります。

さらに、カード会社にカード現金化がバレればカード停止の可能性もあります。

とはいえ、現金をすぐに手に入れたい場合は審査の必要もないため、とてもお手軽です。

クレジットカード現金化は計画的に利用をしなければカード会社への返済が難しくなってしまうため、必要なときに必要な額分、申込むのが重要です。

いざというときに頼りになるかもしれないので、覚えておくと良いでしょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です