クレジットカード現金化の大手業者16選!安全な優良店はどこ?

クレジットカード現金化の大手業者16選

現金が必要になったときに便利なのがクレジットカード現金化!

利用の仕方次第で便利なサービスではありますが、最近ではクレジットカード現金化において悪徳な業者や詐欺被害も出ているのが実情です。

利用を検討するのなら大手の業者や優良店を見極めるようにしましょう。

本記事ではクレジットカード現金化を利用したい方に役立つ情報をさまざまな角度からご紹介していきますので、是非参考にしてみてください!

目次

【大手業者を厳選】クレジットカード現金化できる安全な優良店16選!

冒頭でも述べた通り、クレジットカード現金化をめぐって詐欺被害が発生するケースもあり、注意して業者選びを行う必要があります。

ここからは、クレジットカードの現金化を安心して行うことができる優良店をピックアップしてご紹介していきたいと思います。

初めてクレジットカード現金化を検討しているのであれば、ここでご紹介する情報を比較して検討することがおすすめです。

是非、最後までご覧下さい。

クレジットカード現金化が安全にできる優良店の見極め方

クレジットカード現金化業者の中には悪徳な業者も存在します。現金化する際には、以下の7点を確認して安全に使用できるか見極めることが非常に大切です。

公式サイトで実績や会社概要などを確認しよう

公式サイトでは以下の3点を確認することができます。

・現金化してきた実績
・個人情報保護方針
・特定商取引法表示や古物商許可の提示

これらを公式サイトで確認することで、安全に利用することができます。悪徳な業者の場合は実績を積むことができないため、大体2〜3年ほどで倒産することが多いようです。

実績を確認し、利用者が多い業者を選ぶことにより詐欺に遭う確率はグンと下がります。

また、現金化業者の会社概要についても確認しておくことが大切です。

会社概要が記載されておらず、住所も番地まで載っていない場合は、業者が実在していない場合があります。住所が番地まで記載されているか確認しましょう。

さらに、特定商取引法表示や古物商許可の提示が確認できればより安全に利用することができます。

他にも、過去に事件などを起こしたりしていないか、カードトラブルが0件であるかなどをネットで検索してチェックすることも大切です。

SNSや口コミサイトで利用者の口コミ評判が悪くないか

公式サイトで良い謳い文句が書いてあっても、実情と異なる場合もあります。SNSやネット上での利用者の反応をみて参考にすることも重要です。

業者の宣伝ばかりを鵜呑みにしてしまい、いざ現金化してみると評判と全く違うこともあるでしょう。

口コミで満足度が高い業者は優良店である確率も高くなります。

しかし、あまりに良い口コミばかりが溢れている、悪い口コミが1件も見当たらないといった場合には、サクラが記載している可能性もあります。

その業者によってメリット・デメリットは必ず存在するので、きちんとそれらが記載されている口コミを信用するようにしましょう。

換金率が相場と同じくらいかどうか

クレジットカードの現金化を検討する際に最も注目する数字は「換金率」ですよね。

一見、とにかく換金率の高さに注目してしまうという人も多いと思いますが、相場から大きく逸脱している時は高額であっても注意するようにしましょう。

もちろん一概には言えませんが、優良店は相場から大きく上下しすぎることは少ないと言えます。

高価な換金率に誤魔化されて安易に決めてしまうと、詐欺被害に遭う可能性もあるので十分に注意するようにしましょう。

実際に利用を検討する場合は、複数の業者を比較することをおすすめします。

問い合わせ時のスタッフの対応が良いかどうか

クレジットカードの現金化を行う上で優良店を見極めるためにも、必ず問い合わせを行い確認することがおすすめです。

なぜなら、問い合わせ時のスタッフの対応が、そこで任せても大丈夫かどうかの大きな判断材料の一つになるからです。

悪徳なケースや詐欺被害が発生するような業者は、問い合わせ対応が雑なケースが多いと言えるでしょう。

お金のやりとりが発生するので、可能な限り慎重に選ぶことをおすすめします。

入金までの時間が遅くないか?即日換金できると便利

クレジットカードの現金化を行いたくて優良店を探す際に、換金までのスケジュールは必ず確認するようにしましょう。

入金までにあまりにも時間がかかる場合は、利用自体を再検討の必要があるという視点でチェックすることがおすすめです。

即日換金できるところは比較的優良店のケースが多いので、入金までどの程度の時間を要するのかという点を意識して確認するといいですね。

過去にカードトラブル実績が無い業者を選ぼう

過去の取引実績や実際に利用者の口コミを、必ず一度はチェックするようにしましょう。

特に、過去にカードトラブルの実績が少しでもある会社は要注意です。

取引数によっても異なりますが、よく調べた上でトラブル実績がある業者は避けるのが無難かも知れません。

古物商許可番号が提示されている業者を選ぼう

実はクレジットカード現金化を行う業者には古物商許可が必要なんです。

そのため、優良店を見極めるためには、古物商許可番号が提示されているかHPの情報チェックは必須です。

換金率が高く魅力的な業者が現れたりした際にも、怪しいかどうかの判断ポイントとして古物商許可番号の有無を確認してみるといいですね。

クレジットカード現金化を体験した人の口コミ

実際にクレジットカード現金化を体験した人の口コミはどんなものがあるでしょうか?調べてみたので参考にしてみてください。

クレジットカード現金化で後悔しないために注意したいポイント

クレジットカード現金化をしたい場合、後悔しないために注意することはなんでしょうか?

今回は、クレジットカードの現金化をする上で後悔しないために注意したい3つのポイントをご紹介していきます。

・営業時間:24時間振り込み対応可能か
・換金率:現金化を急ぐあまり不利な条件となっていないか
・郵送物:自宅において家族にばれないか

利用に慣れていない人は必ずチェックするようにしてください。

営業時間:24時間振り込み対応可能か

クレジットカードの現金化を行う上での確認不足で起こるよくある後悔に、現金がいつ振り込まれるのか把握せずに申し込んでしまうことが挙げられます。

多くの業者は、日中の現金化はスムーズに行えますが、深夜などの夜間帯は対応不可としている場合があります。

すぐにでも現金化をしたいがあまり、振り込みのことまで頭が回らずに後悔したというケースが発生しているので、業者のホームページなどで必ず確認しましょう。

急いでいる時こそ細かいチェックを怠らないことが大切です。

換金率:現金化を急ぐあまり不利な条件となっていないか

クレジットカードの現金化は、即時性のある現金回収の方法の1つです。

しかし、現金化を急ぐあまりそこまで良い条件では無いのに実行してしまったり、よく条件を確認しないままに行動に移してしまうといったことで後悔するケースがよくあります。

あまり換金率のよくない商品を購入してしまったといったくらいならまだしも、現金化の業者に騙されて大きな被害を被る可能性があるので、慎重になる必要がありますね。

不利な換金率のレートで取引してしまったり、高利貸しに当たってしまう危険性もあるんです。

焦る気持ちもわかりますが、それなりのリスクがあるということを忘れないようにしなければなりません。

郵送物:自宅の家族にばれないか

実際に郵送物や家族カードを使用しての現金化により、家族にクレジットカードの現金化がバレて後悔しているケースもたくさんあるんです。

基本的に、単にクレジットカードの現金化をしているだけでは家族にバレる可能性は低いでしょう。

バレる可能性があるとすれば、家族カードを使用したことにより、共通の利用明細を通してバレてしまい家族から怪しい目でみられてしまうことなどが考えられます。

そのほかにも現金化のために購入した商品を家族に見られたり、郵送物を見られることで怪しまれてしまうことが挙げられるでしょう。

クレジットカードの現金化はホワイトな行動とは言えないため、場合によっては家族から非難されたり言い合いの下人になりかねませんね。

自分以外の人の目につかぬよう注意を払いましょう。

クレジットカード現金化に関するよくある質問

クレジットカードの現金化を初めて利用する方や、なかなか仕組みを理解できていない方はわからないことがたくさんありますよね。

一歩間違えるとカード会社の定めている禁止行為に該当してしまう可能性があるので、注意して行う必要があります。

ここではクレジットカードの現金化に関して、よくある3つの質問に回答していきたいと思います。

・クレジットカード現金化がバレることはある?
・クレジットカード現金化の実際の換金率は?
・クレジットカード現金化は違法

クレジットカードの現金化についてあまり詳しく知らないけれど、興味はあるという人は是非チェックしてください。

クレジットカード現金化がバレることはある?

実は、クレジットカードの現金化を禁止しているカード会社は多く、バレてしまうと該当のクレジットカードから強制退会させられることもあります。

強制退会させられると、基本的にそのカード会社は利用することができないので注意しましょう。

クレジットカードの現金化は全くバレる可能性が無いとは言い切れないにせよ、簡単にバレてしまうわけでもありません。

よくあるケースは、現金化を「疑われる」というケースです。

なぜなら一人ひとりの行動は、カード利用を通した内容でしか把握することができないからです。

そのため、例えば限度額いっぱいまでAmazonギフトカードを買いまくるなど、派手な現金化の方法を取らない限りはバレる危険性は低いと考えられますね。

クレジットカード現金化の実際の換金率は?

質問の中でも多く寄せられるものの1つとして、実際にはどの程度「換金率」があるの?というものがあります。

換金率とは、実際に現金に変えることができた比率を指し、該当の物品により異なります。

ものによって変わるため、換金率の高い商品と低い商品があると認識しておく必要があります。

例えば、換金率が高いとされているギフトカードや図書カードでは、換金率90%以上と設定されている場合が多いです。

ギフト券買取サイトなどで調べるとわかりやすいですね。

その他にも、ブランド物や時計などは比較的換金率が高いケースがあるので、要チェックです。

換金率はクレジットカード現金化業者選びにおいては、換金率を見極めることが重要なので、相場を把握しておくことなど事前に確認しておきましょう。

クレジットカード現金化は違法?

現在の法律では、クレジットカードの現金化は100%違法な行動と判断することができないのが実情と言えます。

なぜなら、カードの利用者それぞれによってカード利用の背景が異なり、現金化のための行動かどうかを明確に判断することができないからです。

そのため、クレジットカード現金化を一度したからといって、すぐさま法律に引っ掛かるかというと、そうでは無いと言えます。

ただ、いわゆる「グレーな行動」という認識は持ち合わせておく必要がありますね。

基本的に多くのカード会社では、利用規約に現金化するためのクレジットカード使用を禁じる文言が記載されているケースが多いです。

万が一バレた場合信用情報に傷が付いたり利用停止になる恐れがあるので、認識した上での行動が大切ですね。

まとめ

クレジットカードを現金化するには、きちんとリサーチを行い、業者を選択することが大切です。

安心安全に現金化できるように、この記事が少しでもお役に立てると幸いです。

クレジットカード現金化はリスクも負うことがあるので、使いすぎないようにしっかりと計画的に行うようにしましょう。

あらかじめ知識として調べておくことにより、いざ現金化した時にトラブル回避となることが多いと思います。

安心して現金化できる業者をあらかじめ目星をつけておくことにより、お金に困った時にすぐ調達できるようになります。

使いすぎも注意ですが、大切な時に使えるようにしておくことも同じくらい大切だと思います。

以上、クレジットカード現金化の大手業者16選!安全な優良店はどこ?でした。記事を読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

金融機関と現金化業者での実務経験を生かし、当サイトのコンテンツ監修を担当。クレジットカード現金化、ギフト券現金化、後払いアプリ現金化など一見複雑な現金化業者の仕組みを、正しくわかりやすくお伝えることがモットーです。

コメント

コメントする

目次