Amazon Pay(アマゾンペイ)とは?支払い方法からやり方の流れまでを詳しく解説!

7 min
Amazon Pay(アマゾンペイ)とは?支払い方法からやり方の流れまでを詳しく解説!

「Amazon Pay(アマゾンペイ)って何?」「Amazon Pay(アマゾンペイ)を使ってみたいけどやり方が分からない!」

このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな方に向けて、Amazon Pay(アマゾンペイ)の特長や支払い方法から、導入のメリット、注意点まで詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください!

目次

Amazon Pay(アマゾンペイ)とは? 特徴や支払い方法などを解説

Amazon Pay(アマゾンペイ)とは? 特徴や支払い方法などを解説

Amazon Payとは、Amazonアカウントでログインすることで、Amazon.co.jp以外での様々な買い物にAmazonアカウントを使用できる支払い方法です。

例えば、初めて利用するインターネットサイトで買い物をする際に、「また新しくクレジットカードの番号や個人情報を入力するのが面倒くさい」と感じたことはありませんか?そんなお悩みを解決するのがAmazon Pay(アマゾンペイ)です

そんなAmazon Pay(アマゾンペイ)の特徴や支払い方法などについて詳しく解説していきたいと思います。

Amazon Payではどんな支払い方法が使用できる?

Amazon Pay(アマゾンペイ)では、現在多くの支払い方法に対応しています。具体的には、

・クレジットカード決済(Visa、MasterCard、American Express、JCB、Diners Club

・デビットカード決済

・プリペイドカード・Amazonギフト券での決済

です。多くの支払い方法に対応していることで、選択肢が増え、さらには緊急事態にも安心ですよね。

Amazon Payを使った決済の流れ

Amazon Pay(アマゾンペイ)を使った決済はとても簡単で、3つのステップで行なうことができます。また、まだAmazonアカウントをお持ちでない方は、アカウントの作成を事前に済ませておきましょう。

ステップ➀利用したいECサイトの決済画面で、「Amazon Pay(アマゾンペイ)」ボタンをクリックし、決済方法として選択します

ステップ➁Amazonアカウントにログインをして、すでに登録してある届け先・支払い方法を選択します

ステップ➂入力内容を確認して、購入を完了

たったこれだけで、決済が可能です。また、Amazon Pay(アマゾンペイ)利用できるサイトでは、いつも利用しているAmazonのアカウントのIDやパスワードが使えるのでパスワードを新たに設定したり、パスワードを忘れてしまう可能性もないのがとても便利ですよね。

Amazon Payの注意点

Amazon Payの注意点

とても便利なAmazon Pay(アマゾンペイ)ですが、いくつか注意すべき点もありますので、ご紹介します。

注意点➀サイト独自のサービスが利用できない

こちらを詳しく説明すると、Amazon Pay(アマゾンペイ)は「ECサイトに登録しなくても決済が行える」というサービスなので、購入時に付与されるポイントなど、サイト登録による恩恵が受けられなくなってしまいます

もし、お気に入りのECサイトがあり「何度もそこで買い物をするのでポイントを貯めていきたい!」とお考えの方にはAmazon Pay(アマゾンペイ)は向いていないかもしれません。

注意点➁まだまだ使えないECサイトもある

Amzonと聞くと、「大手」というイメージがありどこでも使えるのでは?と思われる方もいると思いますが、まだまだ使えない店も多くあります。現在、Amazon Pay(アマゾンペイ)が利用できる有名ECサイトは、adidas、出前館、コジマ電気、FOD、ふるさとチョイス、BUYMAなどです。

また、Amazon Pay(アマゾンペイ)は実店舗でも利用可能な場合がありますが、成城石井、JINS、劇団四季など使える店舗が限られています。

ここに関しては、ECサイト・実店舗ともにこれからの事業拡大に期待したいですね。

Amazon Payの導入による購入者のメリット

Amazon Pay(アマゾンペイ)を導入することで受けられるメリットはたくさんあります。これを機会にAmazon Pay(アマゾンペイ)を導入して、お得にネットショッピングを楽しみましょう!

安心のセキュリティ

Amazon Payの導入による購入者のメリット

Amazonは、世界でも有数のセキュリティ技術で知られており、また、大手という安心感もありますよね。また、Amazon Pay(アマゾンペイ)は、仕様上クレジットカードの情報は利用店舗に渡らずに、Amazonのみで管理されるのです。

ですので、個人情報流出のリスクを減らすことができ、「セキュリティ面が気になる」と心配されている方にも安心です。

Amazonアカウントで一括管理

Amazon Pay(アマゾンペイ)に登録することで、情報をAmazonアカウントで一括管理できます。例えば、Amazon Pay(アマゾンペイ)で商品を購入した場合、購入履歴や利用履歴を公式サイトから一度に確認することができるので、他のECサイトなどを複数確認する必要がなくなります。

QRコードがあれば実店舗でも使える

先ほども少しご紹介したように、Amazon Pay(アマゾンペイ)は実店舗でも使用できます。ESサイトでの買い物と違うところは、QRコードを使用するところです。簡単に支払い手順を説明していきます。

手順➀Amazon ショッピングアプリをダウンロードし、カード情報や個人情報を入力しておく

手順➁アプリを起動し、ホーム画面右下の「≡」をクリックし、支払い用QRコードを表示させます。

手順➂支払い時にQRコードを見せ、読み取ってもらう

このように簡単に決済が可能です。もし、Amazon Pay(アマゾンペイ)が利用可能な実店舗を見つけた際には、どんどん利用していきましょう。

Amazonマーケットプレイス保証が使える・不正利用も申し立てができる

Amazon Pay(アマゾンペイ)を利用して買い物をした際に、何か問題があった場合にはAmazonマーケットプレイス保証が利用可能です。

Amazonマーケットプレイス保証とは、「Amazon全体で購入者に一貫性のあるサービスの提供を保証する」もので、購入者は保証対象となる商品をAmazon Pay(アマゾンペイ)で購入した場合、30万円を上限に保証を受ける権利があります

Amazonギフト券でキャッシュバック

Amazon Pay(アマゾンペイ)でAmazonギフト券を利用すると、利用額の0.5%が自動で還元され、また、事前にAmazonギフト券をチャージしておくことで最大2.5%分のキャッシュバックを受けることができます。

ポイント還元を受けられるサービス自体は多くありますが、Amazon Pay(アマゾンペイ)では自動的にキャッシュバック分が追加されるので面倒な申請や手続きが不要です。どんどんAmazon Pay(アマゾンペイ)を利用して、お得に買い物を楽しみましょう!

カード情報の流出を防ぐことができる

先ほどもご紹介したように、Amazon Pay(アマゾンペイ)では一度カード情報を登録してしまえば、ECサイトごとにカード情報を入力する必要がありません。さらに、情報を店舗に渡すことなくAmazonのみで情報が管理されるので、情報漏洩のリスクを軽減できます。

Amazon Payの導入による事業者のメリット

Amazon Payの導入による事業者のメリット

ここまで、Amazon Pay(アマゾンペイ)を利用する購入者側のメリットを説明してきましたが、事業者がAmazon Pay(アマゾンペイ)を導入することで得られるメリットもたくさんあります

事業者の方もこのメリットを参考に、ぜひAmazon Pay(アマゾンペイ)の導入を検討してみてください。

お客さま情報の入力時間が短縮されることで離脱防止になる

Amazon Pay(アマゾンペイ)では、あらかじめ個人情報・カード情報を入力しておくことで、ECサイトでの買い物の際にそれぞれのサイトで入力する必要がありません

確かに、「またクレジット番号入力するの面倒臭いから、後でにしよう」と考える人も多いのではないでしょうか。そういった、購入途中での離脱を防ぐためにもAmazon Pay(アマゾンペイ)の導入は、事業者の方にも大きなメリットと言えるでしょう。

Amazonアカウントをもつ購入者は多く、利用されやすい

Amazonは大手ということもあり、アカウントを所持している人がとても多いです。さらに、Amazonでは幅広い商品が販売されておりユーザの層も広いので、Amazon Pay(アマゾンペイ)を導入することで多くの人が、サイトを利用しやすくなり、利用してくれるユーザーの方も増えるでしょう

「Amazon Pay(アマゾンペイ)が使える」というだけで、このECサイトを利用しようと考える人もいるでしょう。そんな人々も取り込むことができるので、事業者にとって大きなメリットとなります。

Amazonブランドの安心感・信頼感が加わることで購入を大きく後押しする

「買いたいものがあるけど、ECサイトの知名度が低いから心配」という理由で、商品の購入をやめた経験のある方も多いのではないでしょうか。Amazon Pay(アマゾンペイ)を導入すれば、「Amazon」という大手の名前を借りることで購入者の安心感・信頼感を得ることができます

越境ECにも使える

Amazon Pay(アマゾンペイ)は、2020年7月13日から「worldShoppingBIZ」と機能連携したことにより、越境ECでも利用可能となりました。

つまり、越境EC事業者の方は、Amazon Pay(アマゾンペイ)を導入することで、海外のお客様を獲得することも可能になったということです。

カラーミーショップ大賞の受賞店舗で使われている支払い方法では「AmazonPay」が2位に

カラーミーショップ対大賞とは、全国のネットショップの中から最も優れたショップを表彰する一年に一度のイベントのことで、そこで受賞した店舗ので使われている支払い方法として、「Amazon Pay(アマゾンペイ)」が2位となった経験があります。

このように優れたショップでは、クレジットカードの次にAmazon Pay(アマゾンペイ)が利用されているので、事業者の方がAmazon Pay(アマゾンペイ)を導入することはとても大きなメリットといえるでしょう。

Amazon Payをネットショップに導入するには? 知っておきたいポイント

事業者がAmazon Pay(アマゾンペイ)を導入するメリットについては、ご理解いただけたところで、次に、Amazon Pay(アマゾンペイ)を導入をする際に知っておきたいポイントについてご紹介していきます。

Amazon Payの申し込みや審査の流れ

Amazon Pay(アマゾンペイ)を導入するには、審査が必要です。簡単に流れを紹介するので、参考にしてみてください。

手順➀Amazon Pay(アマゾンペイ)申し込みページから必要事項を入力し、審査完了を約1週間ほど待つ

手順➁審査が完了したら、Amazon Pay(アマゾンペイ)の利用をショップサーブに申し込む

手順➂Amazon Pay(アマゾンペイ)を利用できるように設定し、ショッピングカートにAmazon Pay(アマゾンペイ)を表示させる

手順➃Amazonアカウントにログインをできるようにする

Amazon Payからの売上金の入金はいつ?

Amazon Pay(アマゾンペイ)からの売上金の入金は、サイクル設定となっており初期設定では14日となっていますが自由に設定が可能です。

ご利用のソリューションプロバイダーによって設定可能なサイクルが決まっているので、事前に確認をしておきましょう。

Amazon Pay導入の手数料や支払い費用はどれくらい?

Amazon Pay(アマゾンペイ)の手数料は以下の通りです。

デジタルコンテンツ以外(物理的商品・サービス等):決済手数料3.9%

デジタルコンテンツ:決済手数料4.5%

支払手数料は、以下の通りです。

月額:2,000円(税別)

導入を検討中の事業者の方は、参考にしてみてください。

Amazon Payをネットショップに導入するには?

大きく分けて、2つの方法があります。1つ目は、Amazon Pay(アマゾンペイ)対応ソリューションプロバイダーを利用しているケース、2つ目は、自社開発のケースです。

まず、1つ目のAmazon Pay(アマゾンペイ)対応ソリューションプロバイダーを利用しているケースでは、審査通過後、用意されているテンプレートや機能を利用できます。

次に、2つ目の自社開発のケースでは、開発が必要となるのでAmazonに問い合わせる必要があります。

Amazon Payは現在、日本を含め約20か国で利用可能!

Amazon Payは現在、日本を含め約20か国で利用可能

Amazon Pay(アマゾンペイ)では、多くの海外でも利用が可能です。つまり、海外のAmazonアカウントを取得すれば、海外通販サイトでもAmazon Pay(アマゾンペイ)を使った支払いができるようになるので、日本では入手できないような珍しい商品を購入できるかもしれません。

Amazon Payについてよくある質問

ここでは、Amzon  Pay(アマゾンペイ)についてよくある質問について回答していくので、同じ悩みを持つ方はぜひ参考にしてください。

Amazon Payはどこで使える?

Amazon Pay(アマゾンペイ)は、ECサイトから実店舗まで幅広く対応しています。デジタルコンテンツ、ファッション・アパレル系、家電用品など様々なジャンルのお店で仕様が可能なので、ぜひ調べてみてください。

Amazon Payにチャージはできる?

Amazon Pay(アマゾンペイ)では、Amazonギフト券からのチャージが可能です。Amazonのアカウントにログイン→アカウントサービスで「Amazonギフト券」を選択→Amazonギフト券をチャージするを選択し、金額を決め購入します。

Amazon Payの不正利用に対する補償制度は?

クレジットカードにAmazon Pay(アマゾンペイ)からの不明な請求があった場合には、Amazonに対して異議申し立てが可能です。

迅速に通知を行った場合、返金を要求できるようなので、不正利用が疑われた場合はすぐにAmazonに問い合わせを行いましょう。

まとめ

今回は、Amazon Pay(アマゾンペイ)の支払い方法からやり方の流れまで詳しく解説しました。本記事を読んだことで、Amazon Pay(アマゾンペイ)の支払い方法や特長、購入者・事業者それぞれのメリット、導入の仕方、よくある質問についてご理解いただけたかと思います。

Amazon Pay(アマゾンペイ)はこれからさらに利用できるECサイト・実店舗も増えていくと思うので、今のうちからAmazon Pay(アマゾンペイ)を始めてお得に、そして楽にお買い物を楽しみましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です