※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

現金10万円の一律給付。いつもらえるの? 対象は? 申請方法は? 分かりやすく解説

早ければ5月中に給付開始?

現金10万円の給付は、4月27日時点で住民基本台帳に記載されているすべての人が対象になります。

国内に住む日本人だけでなく、3ヶ月を超える在留資格などを持っていて、住民票を届け出ている外国人が対象です。

しかし、4月28日以降に生まれた子供は、給付の対象になりません。
4月28日以降に亡くなった人は、給付の対象になります。

また、ホームレスの人などで住民票の登録がなくなっていても、4月27日時点で日本国内に住んでいれば、28日以降でも住民票の登録を行うことで、給付の対象になります。

さて、肝心の給付はいつから始まるのでしょうか。
その前に大前提として、給付を申請しなければ、給付を受けられません。

申請の受付は、各市区町村が決めるのですが、早いところで5月中に開始できる予定です。
申請期限は、受け付け開始から3ヶ月以内となるようです。

申請は、郵送かオンライン、いずれかの方式で行います。

<郵送申請の方法>
市区町村から世帯主宛てに、申請書が郵送されます。
その申請書に必要事項を記載して、返送します。

申請書にはあらかじめ、家族全員の氏名や生年月日が印刷されていて、世帯として受け取れる合計金額が分かるようになっています。

家族全員の情報に間違えがないかを確認した上で、振り込みを希望する自分名義の金融機関の口座情報などを記入します。

さらに、次の2つの資料を添付して、市区町村に返送します。
・申請者の本人確認ができる書類(運転免許証など)のコピー
・指定した口座を確認できる書類(通帳・キャッシュカードなど)のコピー

申請書の返送後、家族全員の給付金が世帯主にまとめて振り込まれます。

<オンライン申請>
世帯主がマイナンバーカードを持っていれば、オンラインで申請できます。

申請手続きは、マイナンバー制度の専用サイト「マイナポータル」で行います。

スマホアプリやカードリーダーなどで、マイナンバーカードの情報を読み取ってログイン。
振り込み口座の情報を入力し、口座を確認できる書類の写真をアップロードすれば、申請が完了します。

マイナンバーカードを持っていると、簡単に申請できますね。

DV被害者は世帯主と別に受け取れる

世帯主へまとめて給付になりますから、問題もあります。
それは、DV(ドメスティック・バイオレンス)の被害者です。

世帯主から暴力を受けていて、住民票と異なる住所に避難している親子などは、給付金を受け取れない可能性が高いでしょう。

そこで、現在住んでいる市区町村に申請を行うことで、世帯主とは別に、子供などの分も含めて給付金を受け取ることができます。

申請には、世帯主の暴力から避難していることが確認できる書類と、所定の申出書を自治体の窓口に提出することが必要です。

<避難を確認できる書類>
・婦人相談所や配偶者暴力相談支援センターなどが発行する証明書
・市町村が発行するDV被害申出確認書
・保護命令決定書

申出書は、自治体の担当窓口や婦人相談所で受け取れます。
総務省のホームページから、ダウンロードすることも可能です。

クレジットカード現金化で救われた人が続出

早ければ5月中に給付開始とのことですが、仕事が減ったり、なくなったりして、生活が厳しくなっている人も多いと思います。

1日でも早く給付してほしいところですが、市区町村も新型コロナウイルス感染拡大防止の対応に追われていて、なかなか迅速には給付できないでしょう。

もし、「支払いが間近に迫っていて、とにかく現金が必要!」という状態なら、現金を調達できる方法として、クレジットカード現金化があります。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換えること。

インターネット上で営業しているクレジットカード現金化業者に依頼すれば、即日で銀行口座に振り込んでもらえるので、「支払いに間に合った」「助かった!」と喜んでいる利用者が続出しているのです。

現金化の利用金額は、クレジットカードの支払い日に支払えば良いので、手元に現金がなくても、現金を手に入れられるという訳です。

ですから、支払い日に一括支払いが厳しければ、分割払い・リボ払いに変更して、なるべく負担が少ないように支払っていくこともできます。

10万円が給付されるまでの、今のピンチを乗り越えるために、クレジットカード現金化を活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

現金10万円給付の対象と時期、申請方法について解説しました。

生活が厳しくなっている中で、10万円の給付は非常にありがたいですから、忘れずに申請するようにしましょう。

市区町村の皆さんも大変だとは思いますが、なるべく早く給付してもらえるように、お願いしたいですね。

給付まで待っていられないという人には、クレジットカード現金化をお勧めします。

あくまでもショッピング枠を現金に換えるだけですから、借り入れの記録も残りません。

審査もないですから、家族や職場の人にバレる心配もありません。

家族に心配をかけずに、家計のピンチを救うこともできるのです。

まずは、クレジットカード現金化業者の口コミサイトを覗いてみて、優良な業者がたくさんあることを理解してもらえたらと思います。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら