※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

収入が減少しているあなたへ! 現金が必要ならクレジットカード現金化という方法もある

クレジットカードがあれば審査なしで利用できる

新型コロナウイルスが、世界中で猛威を振るっています。

欧米で感染者が急増しており、日本でも徐々に感染者が増えてきました。
感染拡大を防ぐため、東京都を中心に、夜間・週末の外出自粛を求められています。

とくに週末は、臨時休業となる店舗も多いですから、店舗で働いているスタッフの人たちは、収入が減ってしまい、困っているのではないでしょうか。

収入が減ってしまっても、家賃や光熱費、携帯電話代など、毎月の支払いは待ってくれません。
もし、毎月の支払いをカバーできないほど、収入が減ってしまったらどうしますか?

一番手っ取り早い方法としては、銀行系のカードローンを申し込むという方法が考えられるかと思います。
早ければ申し込んだ日からお金を借りられますから、便利なサービスです。
しかし、審査がありますから、審査に通らなければ、お金を借りられません。

そこで、クレジットカード現金化という方法もあります。
クレジットカード現金化は、ショッピング枠の利用限度額に空きがあれば、審査なく、誰でも利用することができます。

一生懸命働いている皆さんは、きっとクレジットカードの1枚や2枚は持っていることでしょう。
収入が減ってしまって、来月の支払いが厳しそうなら、クレジットカード現金化を1つの候補に加えておいてください。

ショッピング枠を使って、お金を前借りするようなイメージですね。
収入が減ってしまった分を現金化でカバーして、ピンチを乗り越えましょう。

借り入れの記録が残らないため経営者も活用

店舗を経営している自営業者も、大きな打撃を受けているのではないでしょうか。

とくに飲食店は、かなり厳しいですよね。
売り上げが激減してしまって、にっちもさっちもいかない状態の経営者も多いと思います。

その場合、まずは行政で特別な融資を行っていますから、申請することをお勧めします。
新型コロナウイルスの感染拡大は、リーマンショック以上の非常事態ですから、基本的に無利子・無担保で借りられるようですよ。

ただ、申請してすぐに現金を調達できるわけではありません。
申請が受理されて、指定の口座に現金が振り込まれるまで、おそらく数週間はかかってしまうでしょう。

売り上げが激減してピンチという時に、そんなに待っていられないですよね。
すぐに現金を調達できなければ、倒産してしまうというほどの危機かもしれません。

そんな経営者にも、1つの手段として、クレジットカード現金化をオススメします。
クレジットカード現金化であれば、即日で、早ければ30分以内に現金を手に入れることが可能です。

自営業者や経営者なら、法人カードを持っていると思います。
もちろん、法人カードでもクレジットカード現金化はできます。
クレジットカード現金化業者では、法人カードの利用で還元率がアップするケースも多いので、個人の利用者よりお得に現金化できるというメリットもあります。

また、クレジットカード現金化は、借り入れではありませんから、信用情報にお金を借りたという記録が残りません。

そのため、例えば銀行等で融資を申し込んで、審査中の場合、キャッシングでお金を借りると、信用情報に記録が残るので、審査に影響する可能性があります。

しかし、クレジットカード現金化なら、信用情報に記録が残らないため、審査にまったく影響しません。

この大きなメリットのために、クレジットカード現金化を上手く活用する経営者も多いんですよ。

年齢制限がないため高齢者でも利用可能

続いて、高齢者の皆さんはどうでしょうか。
年金をもらっているなら、新型コロナウイルスの影響は受けていないはずですね。

しかし、超高齢社会が進行している日本では、年金の受給額が減少傾向にあります。

厚生労働省のデータによると、平成14年の平均受給額は年間1,377,023円でしたが、平成24年には1,014,053円にまで減少しています。

コロナによる直接的な影響を受けていなくても、年金だけでの生活では苦労も多そうですね。

お金を借りたいと思っても、カードローンの審査をパスすることは、非常に困難でしょう。
なぜなら、カードローンには、年齢制限があるからです。
銀行系カードローンは65歳以下、消費者金融系カードローンでも69歳以下と定められていますから、その年齢以上では絶対に貸してもらえません。

そんな高齢者にとって、唯一とも言える現金調達の手段が、クレジットカード現金化なのです。

高齢者がこれから新しくクレジットカードを作ることは難しいでしょうが、すでにクレジットカードを持っていれば、問題なく現金化ができます。
クレジットカード現金化には、年齢制限がありませんからね。
利用者本人のクレジットカードで、ショッピング枠に空きがあれば、高齢者でも利用できます。

年金だけでは生活が厳しいという場合には、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

コロナショックで収入が減っている人に向けて、現金を調達する手段の1つとして、クレジットカード現金化もあることを紹介しました。

今は収入が減って苦しいと思いますが、クレジットカード現金化を活用して、何とかピンチを乗り越えていきましょう。

コロナが終息して、またたくさん仕事ができる日が、きっとやってくるはず。
その時までの辛抱です! 何とか頑張ってください!

現金化を利用した後、クレジットカード支払い日を迎えるに当たって、まだ支払いが厳しいという場合はあらかじめ分割払いやリボ払いに変更することもできます。

収入減少によるピンチをカバーする方法として、クレジットカード現金化がお役に立てたら、これほど嬉しいことはありません。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら