※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

新型コロナウイルスでピンチのあなたへ! 政府の支援策を活用して乗り切ろう!

小学校の臨時休校に伴う休暇取得を支援

政府は、子供たちが集団感染するリスクを抑えるため、3月2日から、全国の小中学校と高校、特別支援学校に臨時休校を要請しました。
ほとんどの学校で臨時休校となったため、共働きの家庭では、子供の面倒を見るために、仕事を休まざるを得なかったという人も多いことでしょう。

仕事を休んだ分、もし給料が減ってしまったら、その後の生活が大変ですよね。

そんな保護者を支援するため、政府では小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援のための新たな助成金を創設しました。

正規雇用・非正規雇用を問わず、労働基準法の年次有給休暇とは別途、有給の休暇を取得させた企業に助成金を支給する制度です。
ただし、テレワークなどで在宅勤務する場合は、対象外です。

小学生の子供がいて、仕事を休んだ場合は、年次有給休暇ではない有給休暇の対象となりますから、ありがたいですね。
お勤めの企業で、助成金を申請していれば、特別に有給休暇が認められるかもしれません。

1日当たりの支給上限金額は8,330円です。

ぜひ、お勤めの企業に確認してみてください。

フリーランスには1日当たり4,100円を支給

小学校などの臨時休校に伴って、子供の面倒を見るために、契約していた仕事ができなくなったという、個人で仕事をしている保護者に対しては、2月27日〜3月31日の間で、就業できなかった日について、1日当たり4,100円が支給されます。

受給の条件としては、臨時休校以前に業務委託契約等を締結していること。
発注者から仕事の委託を受け、業務遂行に対して報酬が支払われることを内容とする契約があって、電子メールでも構わないので、発注者からの指定の内容や報酬が確認できるものが、申請に必要となります。

申請は3月18日から始まっています。6月30日まで申請できますので、受給要件を満たしている人は申請すると良いでしょう。

ただ、1日当たり4,100円という金額が、給与所得者の上限8,330円の半額に過ぎないとして、批判も上がっていますね。
給与所得者に優しく、フリーランスに厳しいですよね……。

フリーランスにも、給与所得者と同等の支援をしてほしいものです。

生活困窮者へ最大80万円を無利子で融資

続いて、新型コロナウイルスに影響を受けた世帯へ、特別の融資も実施しています。

生活福祉資金貸付制度として、休業等で収入の減少があって、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯は、緊急小口資金として20万円の融資を受けることができます。

無利子で、保証人も必要ありません。償還期限は2年以内です。

収入の減少どころか、失業等で生活に困窮して、日常生活の維持が困難になっている世帯は、総合支援資金として月20万円(単身者は月15万円)を、3ヶ月間貸してもらうことができます。

こちらも、無利子で保証人不要です。償還期限は10年以内です。

つまり、この緊急小口資金20万円と総合支援資金20万円×3ヶ月を併用すれば、最大で80万円を借り入れることができます。

3月25日から受付が始まっていますから、生活が苦しいという人は、居住する市区町村の社会福祉協議会まで問い合わせてみてください。

売上減少の中小企業やフリーランスにも融資

新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受けて、売り上げが急速に減少している中小企業やフリーランスに対して、資金繰りを支えるための支援策も導入しています。

政府系金融機関の日本政策金融公庫などでは、実質的に無利子・無担保で融資を受けられる特別の貸し付け制度があります。

例えば、売り上げが5%以上減少した中小企業や個人事業主に対しては、金利を一律0.9%引き下げ、今後3年間は0%台の金利で融資を受けられます。

さらに、売り上げが15〜20%減少し、より厳しい経営状況にある企業に対しては、利子を国が補填し、無利子で借りられるようになります。

利子が補填される融資の上限額は、中小企業が1億円、小規模事業者が3,000万円となっています。

まとめ

新型コロナウイルスに対する、政府の支援策を紹介しました。

とくに子供がいる家庭では、政府が手厚く支援してくれますので、ぜひフル活用して、収入を維持できるように努めてほしいです。

収入が減って生活が苦しい場合は、無利子の融資を申請すると良いでしょう。

いま政府では、追加の経済対策として、現金給付の実施も予定されています。
早急に進めてほしいですが、国を挙げて皆さんのピンチを救う方策を立てていますから、いまお金がなくて苦しい人もあきらめないでください。

それでも、今すぐに「現金が必要!」という人は、クレジットカード現金化という方法もあります。
クレジットカードを持っていれば、即日で現金を調達できますから、活用してみてはいかがでしょうか。

みんなでこの困難に打ち勝って、生活も向上させていけると良いですね。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら