※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

【新型コロナウイルス支援】すべての人に一律10万円支給! いつになったら給付される?

国籍を問わずすべての人に10万円を一律給付

総務省は4月20日、10万円の一律給付の概要を発表しました。

10万円の給付は、国籍を問わず、4月27日時点の住民基本台帳に記載されている、すべての人が対象になるようです。
すべての人とは、日本国内に住む日本人と、3ヶ月を超える在留資格などを持ち、住民票を届け出ている外国人が対象となります。

手続きは、どうすれば良いのかというと、まず住民票のある市区町村から申請書が送られてきます。
その申請書に、世帯主が本人名義の金融機関の口座番号などを記入して、口座を確認できる書類と本人確認の書類のコピーを一緒に返送すると、家族分の給付金がまとめて振り込まれる仕組みです。

また、世帯の中で給付金の受け取りを希望しない人がいる場合は、申請書の記載欄に記入すれば、その人の分は支給されないとのことです。
家族全員が支給を希望しない場合は、申請書の返送は必要ありません。

<申請書の様式案>
・世帯主が、自らの氏名、生年月日、現住所、給付金の振り込みを希望する自分名義の金融機関の口座情報を記載する
・家族の中に支給を希望しない人がいる場合は、専用の記入欄にチェックを入れる
・申請書の返送時に、申請者本人を確認できる書類と、指定した金融機関の口座が確認できる書類のコピーを同封する

マイナンバーカードを持っている人は、オンラインでの申請もできるようですね。

肝心の申請書は、いつ届くのでしょうか。
申請の受け付けを開始する日は、各市区町村が決めることになっています。
支給の開始日も、各市区町村が決めます。

早いところでは、5月中に開始できるとの見通しを立てていますが、どうでしょうか。
人口の多い大都市では、手続きに時間がかかるため、支給までの時間もかなり延びるのではないかと予測されています。

申請期限は、受け付け開始から3ヶ月以内になりそうです。

収入減少の単身世帯と2人世帯はもらえる額が減少

すべての人に一律10万円給付が決定しましたが、以前は収入が減った世帯向けに30万円を給付する予定でした。

しかし、30万円給付は取り下げとなってしまいましたので、もらえる額が少なくなってしまう人もいます。

もらえる額が少なくなってしまうのは、単身世帯と扶養家族が1人いる2人世帯です。

単身世帯の場合、月収が減って10万円以下になったり、月収が半減して20万円以下に落ち込んだりすると、30万円が支給される予定でしたが、一律10万円に変更となってしまいました。20万円ももらえる額が少なくなってしまったのです。

2人世帯とは、夫と専業主婦の夫婦2人や、シングルマザーと子供1人といった場合ですね。
月収が15万円以下に減少したり、30万円以下に半減したりすると、30万円をもらえる予定でしたが、2人で20万円しかもらえないので、10万円減ってしまいました。

3人世帯ですと、プラスマイナス0ですね。
4人以上の世帯では、人数が増えれば増えるほど、支給額も増えていきます。

30万円支給される予定だった、単身世帯と2人世帯の人たちは気の毒だと思いますが、国民全体で見れば、すべての人に給付金が届くので、一律10万円で良かったのではないでしょうか。

お金にピンチならクレジットカード現金化を

ただ、いつ申請書が届いて、いつ給付されるかが、はっきり言って不透明です。
政府の動きは、迅速とは言えないので、正直言って不安になりますよね。

収入が減っている人たちにとって、今日・明日の支払いが大変なのに、「いつ申請書が届くかな〜」なんて悠長に待っていられません。

もし、手元にお金がなくて本当に困っているなら、クレジットカード現金化という方法もあることを覚えておいてください。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換えること。
とくに、クレジットカード現金化業者に依頼すれば、即日で現金を調達できますから、「助かった〜」とホッと胸をなで下ろしている利用者が非常に多いのです。

ぜひ、ネットでクレジットカード現金化と検索してみてください。
数多くのクレジットカード現金化業者が営業していることが、お分かりいただけると思います。
それだけ多くの利用者がいる証とも言えるでしょう。

ですから、「ちょっとあやしいな……」と感じている人も、まずは口コミサイトを見てほしいです。
満足している利用者が多いことがわかるはずです。

残念ながらごく一部の悪質な業者がいるため、あやしいイメージが付いているのかもしれません。
現金化業者選びにだけ、十分気をつけて、詐欺業者と取引しなければ、きっと満足いく現金化ができると思います。

まとめ

一律10万円支給の申請方法と、申請時期について、解説しました。
早ければ5月中とのことですから、実際は6〜7月ぐらいになってしまうのではないでしょうか。

そんなに待ってはいられないですよね。
収入が減っている人にとっては、1日でも早く現金が欲しいと思っていることでしょう。

だからと言って、お住いの市区町村に「早くしろ!」なんてクレームを言っても、埒があきません。
お金に余裕がなくなってくると、つい他者に攻撃的になってしまいますから、気をつけてください。

そのピンチを乗り切る方法として、クレジットカード現金化も考慮に入れておいてもらえれば嬉しいです。
現金を調達できれば、心にも余裕が生まれますからね。

まずは現金を手に入れて、毎日の生活をしっかりと送っていきましょう。
新型コロナウイルスが早く終息することを祈っています。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら