「クレジットカードの現金化は怖い」
「クレジットカードの現金化は違法ではないの?」

とクレジットカードの現金化に対して不安を感じている人も多いのではないでしょうか?
クレジットカードの現金化は法的に違法ではありません。

しかし利用することにリスクがあるのも事実です。


この記事ではクレジットカード現金化が違法ではない理由や、クレジットカード現金化のリスク、さらにクレジットカード現金化を安全に利用する方法について解説していきます。

クレジットカードの現金化は法律的には違法じゃない理由

クレジットカードの現金化は法律的には違法ではありません。
クレジットカード現金化とは、クレジットカードで購入したモノや金券を現金化業者へ売却して現金を手にする方法です。
日本の法律にはどこにも「クレジットカードで購入した物を売却してはいけない」とは記載されていないので違法ではありません。

ただし、クレジットカード現金化を「実質的な貸付」とみなす意見もあるのは事実で、実質的な貸付であるならば貸金業法や出資法違反の可能性もあり、実際に業者が逮捕された事例もあります。
つまりクレジットカード現金化は明確に法律違反ではないものの、法律のグレーゾーンということができます。
クレジットカード現金化の利用者は違法行為をしているわけではありませんが、確実に合法とまでは言えません。

ただしクレジットカード会社の利用規約には反する

クレジットカード現金化は明確に法律違反ではありません。

しかし、ほとんどのカード会社の利用規約では、クレジットカード現金化は禁じられている行為です。

例えば楽天カードの会員規約の第19条3(5)にはカード利用の停止、会員資格取消しに該当する事例として以下のような記載があります。

『換金目的でカードを利用する等カードの利用状況が適当でないと当社が認めた場合。』

参考:楽天カード|カード会員規約

ほとんどのクレジットカードの会員規約には、上記のようなルールが設けられているので、クレジットカードの現金化を行ったことがカード会社にバレてしまうと、会員規約違反になり、カードの利用を停止される可能性があります。

クレジットカードの現金化は安全?危険?想定されるリスク

クレジットカードの現金化はどんなリスクがある?

(想定されるリスク一覧)

  • 1.手数料分だけ損をする
  • 2.闇金や悪質業者と取引してしまう
  • 3.一括返済を求められる可能性がある
  • 4.信用情報がブラックになる
  • 5.自己破産が不可能になる

1.手数料分だけ損をする

クレジットカード現金化はカードで買った値段そのままに現金化業者が買い取ってくれるわけではありません。
買った値段から5%〜30%程度の手数料が控除されてしまいます。

2.闇金や悪質業者と取引してしまう

クレジットカード現金化業者の中には闇金やそれに類似するような悪徳業者も混じっています。

このような業者と取引することによって、闇金の貸付に勧誘されるリスクはかなり高くなるので、犯罪に巻き込まれてしまう可能性も否定できません。

3.一括返済を求められる可能性がある

クレジットカード現金化はカード会社の規約違反です。

そのため、現金化がバレた時点でカード利用を停止され、場合によっては利用残高の一括返済請求に発展するおそれもあります。

一括返済請求が来た時に返済ができない場合には、法的措置に発展する可能性もあるので、カード会社にバレると取り返しのつかない事態になってしまう可能性があります。

4.信用情報がブラックになる

クレジットカードの現金化がカード会社にバレると、クレジットカードの契約を強制解約されてしまうこともあります。

クレジットカードの強制解約は金融事故情報ですので、個人信用情報に異動情報として登録され、信用情報はブラックになります。

以後、借入はもちろん、クレジットカードの契約も非常に困難になるでしょう。

5.自己破産が不可能になる

借金の返済に苦しみ、自己破産を計画している人は絶対にクレジットカードの現金化に手を出してはなりません。

クレジットカードの現金化は破産法第252条第1項第2号の「不当な債務負担行為」に該当する可能性がある行為です。

これから自己破産することがわかっているのに、誰かからお金を借りることをしてしまうと、自己破産が認められない可能性が非常に高くなります。

自己破産や個人再生を検討している人は絶対にクレジットカード現金化に手を出してはなりません。

クレジットカードの現金化は100%安全とは断言できない

クレジットカードの現金化は違法行為ではありません。


しかし、万が一カード会社にクレジットカードの現金化がバレてしまうと、一括返済や強制解約によって取り返しのつかない事態になる可能性もあります。


最近のカード会社は、繰り返しクレジットカードで金券などを購入している人は「現金化の可能性がある」とコンピューターが自動で判断できる仕組みになっているので、恒常的に利用することは危険です。


クレジットカードの現金化はあくまでも非常時の最後の手段として考え、決して日常的に使ってはなりません。

クレジットカードの現金化で利用者が逮捕されることはある?

利用者が逮捕された事例はない

クレジットカードの現金化で利用者が逮捕された事例は過去にありません。
利用者が負うのはあくまでも経済的な損失だけで、信用情報がブラックになったり自己破産ができなくなるリスクはあります。


しかし、クレジットカードの現金化を利用したことによって逮捕されるということはありません。
そもそも、クレジットカード現金化は法律で禁じられた行為ではないので、利用者がクレジットカード現金化を利用することは違法行為とすら言えないでしょう。

クレジットカード現金化の業者で過去に逮捕された事例

クレジットカード現金化を行った業者が逮捕された事例は過去に実在します。
容疑は「出資法違反」です。
「クレジットカードを実質的な貸付」と判断し、出資法に定められた上限金利を超える金利でクレジットカードの現金化を行っていたとして、過去に業者が逮捕された事例としては以下の通りです。

・現金が欲しい客にクレジットカードで商品を買わせ、購入代金の一部を返金する「カード現金化」で違法な高金利の貸し付けをしたとして、出資法違反罪などの容疑で板橋区の飲食店経営を逮捕
参考:https://www.home-one.jp/officeinfo/related/2011/11/379

実は現金化業者もそれほど多く逮捕された事例があるわけではありません。
前述した通り、クレジットカード現金化自体、法律に明確に違反している行為ではないので

クレジットカード現金化が実質的な貸付である
出資法に違反する金利設定をしている

この2点に該当した場合のみ「お金を貸し付ける法律の違法行為」として検挙されるので、「現金化をおこなった」というだけで逮捕されることはありません。

どうしてもクレジットカードの現金化をしたいなら大手業者に依頼

悪徳業者に騙されるな!大手業者に依頼するべき理由

クレジットカードの現金化は法律に違反するものではありませんが、実質的な貸付と判断される可能性もある法的なグレーゾーンに位置する行為です。


法的なグレーゾーンには必ずと言っていいほど悪徳業者が存在します。
悪徳業者は反社会的勢力が営んでいるケースがほとんどですので、そのような業者と現金化取引をしてしまうということは闇金からお金を借りていることとそれほど変わりません。


一度取引をしてしまうと、その後は法外な金利での貸付を勧誘してくる可能性もあります。
そのため、クレジットカード現金化は業者選びが非常に重要になります。
安心できる大手業者であれば違法金利での貸付の勧誘などは行われないので、クレジットカードの現金化は必ず大手業者と取引するようにしてください。

クレジットカード現金化の大手業者はどんな特徴?

「クレジットカード現金化の大手業者なんて言われても、どこを選べばいいか分からない」という人も多いのではないでしょうか?
クレジットカードの現金化の大手業者を選ぶポイントは5つです。

  • 1.換金までの時間が早い
  • 2.手数料設定が明確
  • 3.業歴が長い
  • 4.お得なキャンペーンが行われている
  • 5.様々な返済方法に対応している

例えば大手現金化業者の「あんしんクレジット」は

  • 1.最短3分で現金化
  • 2.換金率最大99.2%
  • 3.平成12年設立
  • 4.買取率5%UPキャンペーン実施
  • 5.リボ・分割OK

と上記の条件を全て満たしています。

大手であればたいていこれらの条件を全てクリアしているため、大手業者へ相談すれば安全性が高いと言えるでしょう。

この記事のまとめ

クレジットカードの現金化は違法ではありません。そのため現行の法律で利用者が逮捕される可能性はありません。
しかし、法律のグレーゾーンですので「実質的な違法貸付」と判断されて業者が逮捕された事例は過去に実在するので、100%安全な行為ではありません。
多用するのではなく、本当に困った時の最終手段として頭に入れておきましょう。

また、現金化業者の中には悪徳業者も混じっているので、大手の安全な業者と取引することが重要です。
以下のポイントを満たした大手業者へ相談しましょう。
換金までの時間が早い
・手数料設定が明確
・業歴が長い
・お得なキャンペーンが行われている
・様々な返済方法に対応している