クレジットカードの現金化は手元に資金がない時に、クレジットカードさえあれば誰でも審査なしで必要な資金を調達することが可能です。

信用上の理由などからカードローンなどの審査に通過することができない人であっても、クレジットカードさえあれば誰でも現金を手にすることができます。

また少額で利用することによってさまざまなメリットがあります。

少額でクレジットカードを利用するメリットや、少額の現金化におすすめの業者などについて詳しくご紹介していきます。

クレジットカードの現金化を少額で行う方法とは

クレジットカードの現金はクレジットカードの限度額いっぱいまで現金を調達できる方法です。

限度額が30万円であれば、30万円から手数料を控除した金額を現金化することができますが、何も限度額いっぱいまで利用しなくても数万円程度の少額の利用も可能です。

しかし、クレジットカード現金化はむしろ少額で利用した方がメリットが多数あります。

少額で現金化するメリットとして次の3つをあげることが可能です。

  • ショッピング枠に余裕を持って現金化できる
  • カードトラブルが起きにくい
  •  早く現金を受け取れる

少額で現金化を利用する3つのメリットについて詳しく解説していきます。

ショッピング枠に余裕を持って現金化できる

少額でクレジットカード現金化を行えば、ショッピング枠に余裕を持って現金化を利用することが可能です。

ショッピング枠とはお買い物などの支払いに使用できる枠で、クレジットカード現金化はこの枠を使用して購入した商品を即座に売却することによって現金を得る行為になります。

例えば30万円のショッピング枠全てを現金化に利用してしまえば、そのクレジットカードの枠は0円になってしまい、買い物や決済をすることができないのはもちろん、公共料金などの支払いに設定していても決済不能になる可能性もあります。

数万円程度の少額であれば、限度額に余裕があるのでクレジットカードを他の支払いに使用することが可能です。

少額の現金化はショッピング枠に余裕を持つことができるので、他の支払いなどにクレジットカードを利用することができます。

カードトラブルが起きにくい

少額の現金化であれば、カード会社から現金化を疑われてカードの使用を止められてしまうような心配が少ないと言えるでしょう。

例えば、限度額いっぱいまで金券を購入するような場合には、カード会社から「現金化をするのでは?」と疑われてしまう可能性はあるでしょう。

他方、数万円程度の金券などをクレジットカードで購入する行為は、高額の支払いをすることよりは自然ですので、現金化を疑われるリスクは少ないと言えます。

現金化が疑われるとカードの利用が停止になり、最悪のケースとして強制解約に至ってしまう可能性がありますが、少額の現金化であれば現金化を疑われるリスクが低いのでカードトラブルなく現金化を利用できるでしょう。

早く現金を受け取れる

少額の現金化の方が現金化までのスピードは早いと言えます。

申し込み後すぐに現金化業者から条件が提示され、指定されたネットショップで指定された商品を購入するだけですので、現金化まで早ければ数分で完了です。

他方、金額が高額になる場合には、条件などが決まるまでに少し時間がかかる傾向があるので、少額の現金化よりも時間がかかる可能性があります。

急いでいる時には必要最低限の少額の申し込みをした方がよいでしょう。

少額でクレジットカードの現金化をする方法

少額でクレジットカードの現金化をするには現金化の方法が次の2つに限られてしまいます。

  • 現金化業者へ依頼する
  • Amazonギフト券などを転売する

店舗などでモノを購入しても、少額であれば換金性の高い商品を購入できませんし、数百円程度にしかならないことおもしばしばです。

少額でクレジットカードの現金化をするのであれば上記2つのいずれかの方法で現金化しましょう。

少額で現金化する2つの方法について詳しく解説していきます。

現金化業者へ依頼する

1つ目の方向が現金化業者へ依頼する方法です。

現金化業者とは、業者が指定した商品をクレジットカードで購入すると、一定割合で即座に現金で買い取ってくれる業者です。

業者によっては最短5分程度で買い取りを行なってくれるので、急いでお金が必要なタイミングでもクレジットカードさえあれば確実にお金を用意できます。

確実に早く現金を用意したいという場合には現金化業者を使用するのがよいでしょう。

Amazonギフト券などを転売する

Amazonギフト券などを転売することでも現金化することが可能です。

クレジットカードでAmazonギフト券を購入し、買取業者へ売却すれば即日現金化することが可能です。

Amazonギフト券は換金率が高いので業者によっては90%以上で買い取ってもらえることもあるでしょう。

現金化業者に対して怖いなどの抵抗感がある場合にはAmazonギフト券などを自分で購入して、自分で転売する方法がよいでしょう。

少額でクレジットカードの現金化する流れ

クレジットカードの現金化をする流れは金額にかかわらず次のようになります。

  1. インターネットから申し込む
  2. 電話で確認作業と審査を受ける
  3. 指定サイトで指定商品を購入する
  4. 業者が購入を確認後、現金を振り込み

基本的に現金化までの流れは金額にかかわらずどのクレジットカード現金化でも同じです。

少額で現金化する方法について詳しく見ていきましょう。

インターネットから申し込む

まずは現金化業者のホームページから現金化の申し込みを行いましょう。

ほとんどの業者ではインターネットから24時間365日申し込みを行うことができます。

申し込みに必要な情報は非常に少なく、次のような情報を入力するだけでOKです。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 希望金額

ローンではないので、住所や勤務先や年収などの個人情報を提供する必要はありません。

申し込みは1分程度で完了するでしょう。

情報が少ないので入力を間違える心配はないかと思いますが、入力を間違えてしまうと手続きに時間がかかってしまうので、電話番号やメールアドレスなどは正確に入力しましょう。

電話で確認作業と審査を受ける

申込が完了すると、ほとんどの業者が折り返し電話を掛けてきます。

この電話で換金率や金額、さらには現金化をするまでの手続きの流れについて説明を受けることができます。

条件に納得できた場合は契約へ進みましょう。

また、手続方法などについて疑問点がある場合にはここで確認してください。

指定サイトで指定商品を購入する

電話で条件等の提示を受け、納得できたら業者が指定したサイトで指定された商品を購入しましょう。

基本的には業者が言う手続きに沿ってクレジットカードで決済するだけですので簡単です。

また、現金化の手続き前に本人確認書類の提出も必要になるので、事前に運転免許証やパスポートなどの本人確認書類は用意しておきましょう。

振り込みで最短即日資金化

指定されたサイトで指定された商品の購入を業者が確認したら、すぐに現金化業者はお金を振り込んでくれます。

業者によっては休日や夜間でも振込に応じてくれるので、平日昼間以外の時間に振り込みを受けたい場合には、対応してくれる業者をしっかりと選定しましょう。

また、振込先の銀行口座も重要です。

モアタイム対応の銀行口座であれば、平日9時〜15時以外の時間も365日24時間振込に対応しています。

口座がモアタイム対応でない場合には平日15時以降に振り込みを受けることはできません。

大抵の銀行であればモアタイムに対応していますが、一応、保有する銀行口座がモアタイムに対応しているかどうかを確認し、モアタイム対応の銀行口座を指定した方が確実に現金を受け取ることができるでしょう。

少額現金化の注意点

少額で現金化を利用する際には次の4つのポイントに注意しましょう。

  • 換金率が低くなる
  • キャッシングの方がメリットを受けられる可能性が高い
  • 10,000円以下の現金化が難しい
  • カードの停止リスク

カードの停止リスク現金化の際に注意すべき4つのポイントについて詳しく解説していきます。

換金率が低くなる

クレジットカード現金化は、利用金額に比例して換金率が下がる傾向があります。

例えば以下は大手現金化業者の換金率です。

利用金額換金率
1万円〜30万円91%〜
31万円〜60万円93%〜
61万円〜90万円95%〜
91万円〜98%〜

このように、利用金額が大きくなれば高い換金率でクレジットカード現金化を利用することができます。

他方、利用金額が少なければ換金率が低くなるので資金調達コストが大きくなってしまいます。

少額の方が換金率が低くなるのはデメリットの1つだと言えるでしょう。

キャッシングの方がメリットがある場合がある

現金化は手数料が決して安くはありません。

金額や業者によって異なりますが、手数料は5%〜10%程度が相場です。

クレジットカード現金化は次のカード支払日までお金を調達することですので、1ヶ月程度の短い期間に資金を調達するために5%〜10%程度の手数料を支払います。

これは、年利換算すると60%〜120%もの高額な手数料率となります。

カードローンやクレジットカードのキャッシング枠であれば、金利は年利18%程度ですので、圧倒的にキャッシングの方が低コストです。

クレジットカード現金化は審査なしで即日資金化できるのが大きなメリットですが、コストは間違いなくキャッシングよりも高いので、キャッシングの枠がある際には先にキャッシングを使用し、枠がない場合や審査に通過できない場合のみクレジットカード現金化を使用するとよいでしょう。

10,000円以下の現金化が難しい

いくら少額の現金化を希望すると言っても

10,000円以下の現金化をすることは基本的には不可能です。

クレジットカード現金化は10,000円以上でないと対応することができません。

そのため、「数千円程度の現金を調達したい」という場合には、クレジットカード現金化では対応することができません。

クレジットカード現金化はあまりにも少額のお金を用意することは不可能です。

1,000円からキャッシングができるカードローンと比較して、細かい金額を調達することは難しいでしょう。

カード停止リスクは残る

少額でも、クレジットカード現金化はカード会社の規約に違反することは間違いありません。

そのため、例えたったの1万円でもカード会社の規約に違反することは間違いないので、カード会社に現金化したことが発覚した場合には、カードの利用を停止されるリスクはあります。

カードの利用が止められた後、利用残高を支払うことができないと、クレジットカードの契約事態を強制的に解約される金融事故になってしまう可能性があります。

金融事故になると信用情報はブラックになるので十分に注意しましょう。

少額で現金化できる業者3選

少額の現金化は換金率が低くなる高コストになるリスクがあります。

しかし、少額でも積極的に現金化に応じている業者であれば、比較的高い換金率で現金化することができるでしょう。

少額で現金化できる業者として次の3つの業者をあげることが可能です。

  • プライムウォレット
  • あんしんクレジット
  • 安心くん

これらの業者であれば「これまでクレジットカード現金化を利用したことがない」という人でも少額で安心して現金化することができます。

少額の現金化におすすめの3つの業者について詳しく解説していきます。

プライムウォレット

プライムウォレット

最大買取率98%という高換金率を実現しているのがプライムウォレットです。

プライムウォレットは午前中に申し込みを行えば、換金率が5%アップするなどのキャンペーンを行っています。

土日や祝日にも振り込みに対応しているので、休日などに急にお金が必要になったタイミングでも高い確率で即日資金化することが可能です。

少額の買取にもしっかりと対応していますので、少額の現金化をする場合には活用できる現金化業者だと言えるでしょう。

あんしんクレジット

あんしんクレジットは、専属のオペレーターが丁寧に対応してくれる現金化業者として有名です。

カードトラブルもゼロとホームページに記載されていますし、休日でも即日振り込みを受けることが可能です。

実際に価値のある商品を購入して、その商品を売却する買取方式で現金化を行っているので、価値のないものを購入して現金化するキャッシュバック方式よりもカード会社から現金化を疑われるリスクが低いので安心して利用できます。

カードトラブルなどが心配は人はあんしんクレジットで現金化を検討するのがよいでしょう。

安心くん

安心くん

安心くんもクチコミなどの評価が高く安心して利用できる現金化業者です。

入れ替わりの激しい現金化業者の中で創業14年という非常に長い業歴をほこり、信頼できる業者の1つだと言えます。

3万円からのお試しプランが用意されているので、少額の現金化を得意としています。

なお、時間に余裕がある時には「通常プラン」という換金まで数日を要するプランで現金化すれば換金率がさらに高くなります。

時間に余裕がある時の現金化にも活用することが可能です。

初めて利用する人でも即日現金化することができるので、少額の現金を急いで必要としているタイミングで活用できる業者だと言えるでしょう。

この記事のまとめ

クレジットカード現金化は少額で利用することが可能です。

少額で現金化をすることは、クレジットカードの枠に余裕をもつことができ、さらにすぐに資金化することができます。

ただし、10,000円未満の現金化をすることは難しいでしょう。

クレジットカードの現金化は一般的に金額が少なくなると手数料が高くなります。

しかし少額の現金化を得意としている業者は金額が少なくても比較的手数料が安く設定されています。

手元の資金状況に困っている場合には、少額でクレジットカード現金化を利用するとよいでしょう。