急な飲み会や友人・知人へのプレゼントなどで現金が必要になることってよくありますよね。

そんなときに限って手元に現金がないと、どうすればいいか分からなくなってしまうかもしれません。

そこで利用者も多いPayPayの現金化を知っておきましょう。

今回の記事では、PayPayを現金化する方法や注意点について詳しく解説していきます。

現金化できるのはPayPayマネーのみ

まず最初に抑えておかなければならないのはPayPayで現金化ができるのは「PayPayマネー」のみです。

PayPay残高にはいくつかの種類があるのですが、銀行口座を通じて出金できるのは「PayPayマネー1つしかありません。

PayPay残高の種類としては以下の通りです。

種類詳細
PayPayマネー口座やヤフオク、PayPayフリマからチャージした残高、口座出金可能、本人確認が必要
PayPayマネーライトクレジットカード、キャリア決済からチャージした残高、口座出金不可
PayPayボーナス特典やキャンペーンでもらえる、口座出金不可
PayPayボーナスライト特典やキャンペーンでもらえる、口座出金不可、有効期限あり

今自分が使っているPayPayの残高がどれに当てはまるかを確認してみてください。

PayPayマネーを使うには本人確認が必要になるので、現金化の利用をお考えの方は事前に済ませておきましょう。

PayPayマネーを現金化をする方法

それでは、PayPayマネーを現金化する方法について解説してきます。

こちらはPayPayで公式に行える現金化なので、PayPayアプリを通じて手続きが行えます。

主な手順としては下記の通りです。

  1. PayPayアプリを起動する
  2. ホーム画面下部の「残高」をタップする
  3. 画面下部にある「出金」をタップする
  4. 出金する口座を選択する
  5. 金額を入力する
  6. 振込予定日に入金される

PayPayマネーを現金化するには「銀行口座を登録している」「本人確認を済ませている」の2つを事前に済ませておきましょう。
余ったPayPayマネーがある方は、いざという時に備えて現金化の方法をマスターしてください。 

PayPayマネー以外を現金化する方法

PayPayで現金化が可能なのは「PayPayマネーのみ」と解説しましたが、これはあくまで公式の方法を使った場合の話です。

少し裏技的なやり方にはなりますが、PayPayボーナスやPayPayマネーライトを現金化することもできます。

具体的な手順としては下記の通りです。

  1. PayPayで商品を購入する
  2. 購入した商品を売却する
  3. 現金入手

要はPayPayでお買い物をしてから商品を買い取ってもらうことで現金を調達する方法です。

ただし、換金率の高いAmazonギフト券やiTunesカードはPayPayで購入することができないため、それ以外で換金率の高い商品を購入する必要があります。

時計やブランド品、ゲーム機などが考えられますが、現金化する金額のコントロールが難しいですし、購入から売却までの手間がかかるので効率の良い方法とは言えないでしょう。

そのため、基本的にはこの方法はおすすめできませんが、もしものときの備えとして覚えておいてください。

PayPayで現金化するときの注意点

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)以外は出金手数料がかかる

PayPayマネーを銀行口座に出金する際、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)以外を指定すると手数料が発生してしまいます。

PayPay銀行であればロスなくPayPay残高を現金に換えることができるのでお得なのですが、その他の金融機関を選ぶと出金手数料100円がかかるので注意しましょう。

大きな金額ではないものの手数料がかかると損をした気分にもなってしまうので、無料で現金化をしたい場合には、PayPay銀行の口座を登録しておいてください。

出金まで時間がかかる

PayPay銀行に出金をする場合は、手続きをしてから即時に入金が完了します。

しかし、PayPay銀行以外の口座を出金先として指定すると、金融機関に応じた時間がかかってしまいます。

例えば、ゆうちょ銀行だと最短で3営業日ほどかかってしまいますし、その他の銀行でも最短翌営業日の対応となってしまいます。

今すぐに現金が必要という状況だと、入金まで時間がかかるのは大きなデメリットになってしまいます。

即時入金ができれば問題にも素早く対応することができるので、PayPayでの現金化を検討している方は、PayPay銀行の利用はマストです。

PayPayマネー以外で現金化をすると換金率が下がる

PayPayマネー以外の「PayPayマネーライト」「PayPayボーナス」「PayPayボーナスライト」を現金化した場合、換金率が大幅に下がるケースがあるので注意が必要です。

これらのPayPay残高はアプリから口座に出金することができないため、PayPayで商品を購入して売却するという手間が必要になります。

また、換金率の高いAmazonギフト券やiTunesカードは、PayPayで購入することができません。

そのため、ゲーム機やブランド品を換金商品として選ぶ必要があるのですが、換金率の変化が激しく、通常よりも低く買い取られてしまうケースもあります。

換金率が60~70%程度にしかならないこともあるので、現金化の方法としてはあまりおすすめできません。

時間も手間もかかるので、PayPayマネー以外を現金化するのは最終手段を考えておきましょう。

PayPayの現金化に関するよくある質問

Q1:即日での現金化は可能?

PayPayマネーの出金先口座をPayPay銀行に設定していれば、即時での出金が可能です。

出金手続きをしてからすぐに現金が入金されるので、急に現金が必要になった場面にも対応できるでしょう。

ただし、PayPay銀行以外をせってしていた場合、金融機関ごとに応じた時間がかかってしまいます。

最短でも翌営業日での対応になってしまいますし、3営業日程度かかる金融機関もあるので、スピーディな対応を求める方はPayPay銀行の利用をおすすめします。

Q2:口座なしでも現金化はできる?

PayPayマネーを出金するには銀行口座を登録している必要があるため、口座がないと現金化はできません。

ただ、PayPayマネー以外の「PayPayマネーライト」「PayPayボーナス」「PayPayボーナスライト」を現金化する場合、商品を購入して売却するだけなので銀行口座がなくても現金化は可能です。

しかし、この方法は換金率が悪いのであまりおすすめの方法ではありません。

Q3:本人確認は必要?

PayPayマネーの利用には本人確認済であることが条件なので、現金化する上でも本人確認が必要となります。

PayPayで本人確認をする手順は下記の通りです。

  1. PayPayアプリを起動する
  2. ホーム画面下部の「アカウント」をタップする
  3. 画面右上の「詳細」をタップする
  4. 「本人確認・口座認証」を選択する
  5. 「顔認証と身分証でかんたん確認」→「はじめる」の順にタップする
  6. 本人確認書類を選択して、スマホカメラで撮影を行う
  7. 顔写真の撮影を行う
  8. 利用者情報を入力する
  9. 本人確認の申請完了

申請が完了すると審査が行われ、最短当日から3日程度でアプリ内に結果が通知されます。

Q4:PayPay残高の種類を確認する方法は?

自分が利用しているPayPay残高の種類を確認するには以下の操作を行ってください。

  1. PayPayアプリを起動する
  2. ホーム画面下部の「残高」をタップする
  3. 画面上部の残高表記横の「内訳」をタップする
  4. PayPay残高の内訳が表示される

「PayPayマネー」「PayPayマネーライト」「PayPayボーナス」「PayPayボーナスライト」の4つのうち、どれにいくら入っているのかをチェックしてみましょう。

Q5:PayPayから出金する金額の上限はある?

PayPayでは、24時間で50万円という出金上限が設定されています。

直近24時間の中で50万円を超える出金ができないのに加えて、不正利用防止や被害予防といった観点から、出金額を個別に制限する場合もあります。

Q6:未成年でもPayPayで現金化はできる?

PayPayでの出金を年齢制限は設けられていないので、未成年の方でも現金化をすることは可能です。

銀行口座を開設してPayPayに設定した上で所定の出金手続きを行ってください。

この記事のまとめ

PayPayを使って現金化する方法や注意点について解説してきました。

ポイントとしてはPayPay残高には4つの種類があって、出金ができるのは「PayPayマネー」1つだということです。

そして、出金を行う上で事前に本人確認と銀行口座の設定を事前に済ませておいてください。

PayPayでの現金化の方法を覚えておけば、咄嗟の事態にも対応できるので、今回の内容をぜひ覚えておいてください!