クレジットカードを持っていない人でないと現金化はできないと思っている人も多いのではないでしょうか?

現金化はクレジットカードを持っていなくても利用できます。

その方法の1つが「d払いを使って現金化する」という方法です。

d払いを利用すればクレジットカードを持てない人でも即日現金化できる可能性があります。

この記事ではd払いで現金化する方法やメリットについて詳しく解説していきます。

d払いとは?ドコモ払いとの違いも解説

d払いとはドコモが提供する決済サービスで、携帯電話料金と一緒に利用代金を後払いすることができるので、d払いで現金化をすることが可能です。

d払いを利用することによって購入した商品などの現金化を行い、必要な現金を手に入れることができます。

しかし「d払いとは何か」、「ドコモ払いとの違いが分からない」という人も多いのではないでしょうか?

まずは、d払いとはどのような支払方法なのか、ドコモ払いとの違いについても詳しく解説していきます。

d払いとは

かんたん便利なd払い。お支払いはスマホひとつで。

d払いとは、NTTドコモが提供する決済サービスで、街のお店やネットショッピングでの支払いを月々のケータイ料金と合算して支払うことができるサービスです。

アプリをダウンロードして、スマホのバーコードを読み取らせるだけで非常に簡単に支払うことができます。

また、使った分だけdポイントが貯まるというのも大きな特徴です。

利用金額は契約者の年齢によって次のように異なります。

  • 契約者が19歳まで:一律で月10,000円まで
  • 契約者が20歳以上で契約期間が1~3か月まで:月10,000円まで
  • 契約者が20歳以上で契約期間が4~24か月まで:月30,000円まで
  • 契約者が20歳以上で契約期間が25か月以上:月50,000円、80,000円、10万円までで選べる

また、支払方法はケータイ料金と一緒に支払方法以外にも次のようなものがあります。

  • 銀行口座やATM、コンビニでチャージをしたd払い残高から支払い
  • クレジットカード払い
  • dポイント充当

上記の枠の範囲内まで店頭やネットで決済できるのが大きな特徴になります。

この枠を使用して買い物や支払いをすることができます。

また、携帯電話料金と合算して支払うか、クレジットカードで支払う方法であれば、利用代金は後払いになるので、クレジットカード現金化と同じような現金化をすることが可能です。

ドコモ払いとの違い

d払いと非常に似た支払い方法としてドコモ払いという方法があります。

ドコモ払いもd払いと同様に事前に「〇〇万円まで使うことができる」という枠を作成して買い物や決済が可能で、料金はケータイ電話料金と同じように支払う方法です。

しかしドコモ払いとd払いは次の3つの点で異なります。

  • ドコモ払いはドコモユーザーしか利用できない
  • ドコモ払いはネット上での決済のみ支払える
  • ドコモ払いはクレジットカード払いとdポイントでの支払いができない

ドコモ払いでもネット上で買い物をすることができるので、現金化にも利用できるでしょう。

しかし、ドコモ払いはドコモユーザーしか利用できませんし、クレジットカードでの支払いも不可能ですので、誰もが利用できる方法とは言えません。

d払いの方が利便性や汎用性は高いと言えるでしょう。

d払いで現金化する4つの方法

d払いを現金化するには、さまざまな方法があります。

クレジットカード現金化のように「クレジットカードで購入した商品を即座に現金化できる」というわけではないので十分に注意が必要です。

通常のクレジットカード現金化とは異なり、次の4つのいずれかの方法で、事前にチャージしたり、換金性の高い商品を購入する必要があります。

  1. d払いで切手を買う
  2. d払いでAmazonギフト券を購入する
  3. d払いでプリペイドカードへチャージして現金化する
  4. d払いで商品を購入して現金化する

d払いで直接的に現金化を行ってくれる業者はないので注意しましょう。

d払いで現金化するための4つの方法について詳しく解説していきます。

d払いで切手を買う

1つ目の方法がd払いで切手を購入する方法です。

切手は換金性が非常に高いので、高い献金率で買い取ってもらうことができる商品です。

なお、以前は郵便局はキャッシュレス決済に対応していませんでした。

そのため、d払いのような方法で切手を購入することは不可能でしたが、2020年2月以降から郵便局もキャッシュレス決済に対応しています。

今は郵便局でd払いを使用して切手を購入することができ、郵便局で買った切手を買取業者に持ち込むことで簡単に現金化することが可能です。

 d払いでAmazonギフト券を購入する

d払いでAmazonギフト券を購入し、購入したAmazonギフト券を金券ショップに持ち込むという方法もオーソドックスな方法です。

ただし、Amazonギフト券はあまりに多くの人に現金化に利用されたため、今はd払いでAmazonギフト券を購入できる店舗はなくなっています。

Amazonギフト券を転売目的で購入したことがバレると、当該Amazonギフト券が没収されたり利用が停止されることもあります。

一度プリペイドカードなどにd払いからチャージして購入しない限り、d払いでAmazonギフト券を購入することは今はできません。

関連記事
Amazonギフト券を現金化する方法!おすすめの業者や違法性について解説!

d払いでプリペイドカードへチャージして現金化する

バンドルカードやプリペイドカードへd払いからチャージして、当該カードで現金化をすることが可能です。

プリペイドカード対応の現金化業者へ現金化を依頼することによって、クレジットカード現金化と同じ流れで即日現金化することが可能です。

あらかじめバンドルカードを作成しておけばスムーズに現金化ができる方法だと言えます。

d払いで商品を購入して現金化する

こちらはもっともオーソドックスな方法です。

d払いで換金率の高い商品を購入して、リサイクルショップなどに持ち込む方法です。

実際に商品を購入しているので、同じ商品を何度も購入することを繰り返さない限りはドコモに現金化がバレるリスクはありません。

しかし、一般的には他の方法よりも換金率が下がってしまうので、あまりおすすめできる方法とは言えません。

d払いで現金化する際の注意点

d払いでクレジットカード現金化をするする際には次の2つの点に注意する必要があります。

  • 利用規約に違反してドコモに発覚するリスクがある
  • 最大で10万円までしか利用できない

これはd払いに限った話ではないので、クレジットカード現金化を利用するのであれば基本的には共通する項目として理解しておいた方がよいでしょう。

d払いで現金化を利用する際の2つの注意点について解説していきます。

利用規約に違反してドコモにバレる可能性

d払い現金化は利用規約違反に当たる可能性の高い行為です。

d払いの規約には禁止事項として次のような記載があります。

「現金等を得る目的で本サービスを利用したとき。」

まさにd払いの現金化は規約違反に該当し、これが発覚するとd払いのサービス利用を一部または全部止められてしまう可能性があります。

クレジットカード現金化と同じで、d払いの現金化も法律に違反する違法行為ではありません。

しかし、d払いの規約違反に該当するので、最悪のケースとして利用停止になってしまうこともあるので注意しましょう。

最大10万円までしか利用できない

d払いは最大10万円までしか利用できません。

10万円を利用できるのは「契約者が20歳以上で契約期間が25か月以上」という条件を満たした人だけで、契約年数が24ヶ月以下の人は3万円までしか利用できません。

いずれにせよ、クレジットカード現金化と比較して著しく少ない金額しか利用することが不可能です。

d払いでは調達が必要な金額に満たない可能性があるので注意しましょう。

なお、契約期間が24ヶ月未満の20歳以上の人は3万円が限度額です。

つまり、これまで契約がない人が現金が必要だからという理由で、d払いを新規契約をしたとしても、利用できる金額は3万円までですので、3万円超が必要な人はd払いを活用できません。

大きな金額が必要な人は注意しましょう。

d払いで現金化する手順

では実際にd払いで現金化する手順について具体的に見ていきましょう。

ここではd払いからプリペイドカードへチャージして現金化するという方法で、現金化までの手順を解説します。

おおまかな流れは次の通りです。

  1. プリペイドカードやバンドルカードを即時発行
  2. d払いからバンドルカードにチャージする
  3. 自分で商品を買うか現金化業者へ申し込む

d払いで現金化するための具体的な方法について詳しく解説していきます。

プリペイドカードやバンドルカードを即時発行

まずはプリペイドカードやバンドルカードを即日発行しましょう。

バンドルカードは即日で発行できますし、次のようなプリペイドカードも即日で発行することが可能です。

  • Visa LINE Payプリペイドカード
  • Kyash
  • Tマネー

これらの申込日当日に即日発行できるクレジットカードをまずは契約しておきましょう。

カードの発行に日数がかかるものの場合には、即日現金化することは不可能になるので注意しましょう。

d払いからバンドルカードやプリペイドカードにチャージする

バンドルカードやプリペイドカードを発行したら、そのカードd払いからチャージを行います。

なお、バンドルカードへd払いからチャージする手順は次の通りです。

  1. チャージメニューからドコモ払いを選択
  2. チャージ手順画面に進む
  3. チャージ金額の入力
  4. dアカウントの入力
  5. 決済内容確認後チャージ完了

dアカウントを入力する際には4ケタのspモードパスワードが必要になります。

パスワードが分からないという方は事前にdアカウントページから確認しておきましょう。

パスワードさえ分かれば1分程度でチャージが完了します。

自分で商品を買うか現金化業者へ申し込む

バンドルカードやプリペイドカードへd払いからチャージが済んだらそのカードを使用して現金化を行うだけです。

Amazonギフト券を購入して現金化することも可能になりますし、プリペイドカード専門の現金化業者へ相談するという方法もあります。

業者へ相談する方法は、クレジットカード現金化と同じように、業者が指定したネットショップで商品を購入し、購入後に現金化業者から現金が振り込まれるという流れです。

商品を購入する場合には、Amazonギフト券はネット上で購入しネット上ですぐに転売することもできますし、店頭で換金性の高そうな商品を購入し、リサイクルショップへ持ち込むこともできます。

チャージしたバンドルカードやプリペイドカードはクレジットカードと同じようにさまざまな方法で現金化することが可能です。

d払いがクレジットカードよりも優れている点

d払いで現金化する方法は、一見すると「チャージの手間や売却の手間がかかるのでクレジットカード現金化よりも面倒」と感じる人が多いでしょう。

しかしd払いの方がクレジットカードよりも次の点で優れています。

  • すぐに現金を用意できる
  • クレジットカードを持っていなくても現金化できる

d払いで現金化する2つのメリットについて詳しく解説していきます。

すぐに現金を用意できる

クレジットカード現金化よりもd払いの方が比較的すぐに現金を用意することが可能です。

d払いはアプリをダウンロードするだけですぐに利用を開始することができます。

クレジットカードのように複雑な申し込み手続きと審査があるわけでもありません。

また、クレジットカードの場合には、カードが郵送で到着するまではすぐに利用できないことも多いですが、d払いであれば郵送の時間などもかかりません。

クレジットカード現金化と比較して、誰でもすぐに現金化できるのがd払い現金化の大きなメリットです。

「できる限りすぐにお金が必要」という方はd払い現金化の活用を検討しましょう。

クレジットカードを持っていなくても現金化できる

d払い現金化はクレジットカードを持っていなくても現金化することが可能です。

d払いの支払方法はクレジットカード払い以外に次の3つの方法があります。

  • 電話料金と合算
  • 銀行口座やATM、コンビニでチャージをしたd払い残高から支払い
  • dポイント充当

ドコモユーザーであれば電話料金と合算して支払うことができるので、手元に現金やクレジットカードがなくても、d払いで一定範囲内まで利用することが可能です。

クレジットカード現金化を利用する人は個人信用情報に問題を抱え、消費者金融のカードローン審査などに通過できない人であることが多々あります。

そして、このような人はクレジットカード審査に通過することも困難です。

「クレジットカードは持っていない」「クレジットカード審査に通過できない」というような人でも、d払い現金化であれば現金化することが可能です。

どこからも資金調達できない時の有効な方法としてd払い現金化という手段があることはいざという時のために覚えておいた方がよいでしょう。

この記事のまとめ

NTTドコモが提供する決済サービスd払いは、アプリをダウンロードするだけでネットだけでなく店頭での買い物をすることが可能です。

支払いは、ドコモの携帯電話料金と一緒に後払いできるので、d払いは現金化に活用することができます。

d払いはクレジットカードを持つことができない人でも利用できる可能性があり、さらに利用できるまでに時間がかからないので急いでお金が必要になった時も最適です。

ただし、d払いで現金化することは規約違反ですので、くれぐれも繰り返し利用することには注意しましょう。

また、利用限度額は最大で10万円までで、新規契約の場合には3万円以下しか利用できないので、大きな金額が必要になる人は活用できないという点も理解しておきましょう。

クレジットカード現金化との違いを理解し、適切に使い分けることが非常に重要になります。